株式投資データボックス

特集 - 今話題のニュース、話題・注目が集まっている銘柄などについて、いろいろな角度から掘り下げて投資判断材料として配信しています。

JR九州のTOPIX組み入れの推移と結果

2016/12/12

11月30日(水)に九州旅客鉄道(JR九州)がTOPIX組み入れされることに伴って、前日の29日(火)大引けにインデックス買いが行われました。

JR九州811系電車(香椎駅)

JR九州811系電車(香椎駅)

※TOPIX組み入れの詳しい情報に関しましては、「九州旅客鉄道(JR九州)のTOPIX組み入れ」をご覧ください。

大引けの動き

大引けの15:00の出来高は、6,753,900株
取引額は6,753,900株 × 3,005円(終値) = 約202.9億円でした。

29日の出来高は、17,528,300株で、全体の約38.5%となりました。
※大引けの出来高が全て「インデックス買い」と言い切れませんが

6178:日本郵政 約287億円
7181:かんぽ生命保険 約66億円
7182:ゆうちょ銀行 約234億円

昨年の郵政3社と比較しても遜色のない取引額となりました。

株価の推移

JR九州株価推移

初値3,100円で上場をはたし、その後小幅に上げ下げを繰り返ししていた状態でした。
11月9日、アメリカ大統領選挙の際に100円以上下げていますが、25日には、3,095円まで株価が回復しています。もちろん、TOPIX組み入れの影響もあると考えられます。

大引けの1分前の株価が、3,010円、大引け時、3,005円と株価もあまり変動しませんでした。
その後、徐々に値を下げている状態にあります。

12月1日は、前日と比べ-38円となり、2,924円となりました。

-個別銘柄
-,