株式投資データボックス

特集 - 今話題のニュース、話題・注目が集まっている銘柄などについて、いろいろな角度から掘り下げて投資判断材料として配信しています。

「ロボアドバイザー」、その評価はいかに?

2017/09/29

パソコンに表示されているポートフォリオ

最近、聞いたり見たりする機会が多くなってきた「ロボアドバイザー」。2009年あたりにアメリカでサービスが開始され、2014年に日本でもサービスが提供されるようになりました。
昨年は、「ロボアド元年」とも言われるくらいに、多くの金融機関で「ロボアド」のサービス提供がはじまりました。

ではその「ロボアド」とはいったいどうものなのか、掘り下げていきたいと思います。

ロボアドバイザーとは?

ロボアドバイザー(ロボアド)とは、AI(人工知能)が資産運用や投資に対してアドバイスをしてくれて、知識や時間など手間が必要とせず、投資が行えるサービスです。

投資の姿勢や運用目的やリスク・リターンなどに関する質問に答えると、AIがポートフォリオを作成、リスク許容度に応じた投資先を決定して自動的に運用する「投資一任型」、資産分配や投資先の提案だけを行う「アドバイス型」があります。

投資先は、主に国内外のETFで、最低投資金額は似たサービスである「ラップ口座」、「ファンドラップ」と比べると非常にお手軽で、10万円でも投資ができて、証券会社によっては1,000円からの投資が行えます。

よく似たサービス「ラップ口座」、「ファンドラップ」

ラップ口座とは、ロボアドのAIが行う部分を金融機関が行うという点です。
証券会社が資産状況や要望など運用方針や資産分配、ポートフォリオの作成、リバランスなどを行い、それに従って預かった資産を運用から管理まですべてを包括的に(ラップ「wrap」とは包むの意味)行う金融商品です。

ラップ口座と、ファンドラップの違いは、最低運用金額です。
ラップ口座は、最低でも「数千万円~数億円」とうい一般個人投資家には、手が出しづらいサービスでした。

それに対して、300万円~から利用できるのがファンドラップです。最近はネット証券が中心にサービスを展開しています。

日本投資顧問業協会によると、ラップ口座の残高は2016年末で6兆円を超えたそうです。

運用お任せ「ラップ口座」残高急増 見えづらい費用確認を:日本経済新聞

しかしながら、ラップ口座、ファンドラップには多くの方が警鐘を鳴らしています。

ファンドラップでは、契約の報酬・手数料と、投資信託の運用管理費(信託報酬)が加わり、年間で運用資産の2%~3%近いコストがかかると言われています。

仮に、1,000万円をファンドトラップで運用した場合、リスクを取り5%のリターンを取れたとしても、手数料が年2%だとすれば、30万円しか受け取れず、年3%の手数料だとすると、20万円しか受け取れません。

さらに、その年にもし損失が出た場合、リスクは100%投資家が負担しなければならないですし、手数料も取られてしまいます。

金融庁がダメ出しする運用商品ワースト3 | 山崎元のマルチスコープ | ダイヤモンド・オンライン

ロボアドの弱点

それでは、ファンドラップと「似たようなサービス」に当たるロボアドはどうでしょうか。

SBI証券などでサービスを展開している「WealthNavi(ウェルスナビ)」、「THEO(テオ)」は、投資一任型で手数料が1%(税抜き、ETF経費別)です。

他のロボアドの手数料も概ね1%前後となっています。
たしかにファンドラップと比べて安くはなっていますが、リスクの負担や分配金受け取り時、リバランスなどによって税負担が生じる可能性、金融機関によっては為替リスクも発生します。

また、投資一任型のロボアドは、「NISA」には非対応になっています。

「ロボットが運用する」とはどのようなものなのでしょうか?

投資一任型、アドバイス型ともに、投資方針やリスクなどに関する質問が出題され、その回答に応じてポートフォリオを提示する仕組みですが、まったくもって質問数と選択肢が少なすぎます。

経営者も技術者も納得! AIブームのウソとホント - 「ロボットアドバイザー」の人工知能は炊飯器レベル:ITpro

AI(人工知能)といえば、自動運転技術や将棋のAIなどに使われている機械学習やディープラーニングなどを想像する方も多いかと思います。
今回取り上げたロボアドバイザーには、どのようなAIが搭載されているのでしょうか?

まとめ

今回、色々と調べて見たり聞いたりした感想から述べますと、ロボアドでの投資はまだ、様子を見ようと思いました。
しかしながら、「ラップ(wrap)」とはよくいったもので、「ファンドラップにロボット・AIという包みで包んで売り出した」と思えるような金融商品とも感じました。

コストの面からいきますと、本場アメリカでは、既に手数料が0.5%程まで下がっています。それに比べると、日本のコストはまだまだ高いかなという印象です。
しかし、各証券会社がこぞってサービスを展開しているので、これから価格競争が激しくなりそうでもあり、手数料の値下げは大いに考えられると思います。

ロボット・AIの投資判断については、進化を続けている現在さらに良い物になり、より良いサービスになる可能性があると感じました。

今後の動向に注目して見ていきたいです。

-話題
-