九州旅客鉄道(JR九州) - 超大型のIPO上場情報

九州旅客鉄道(JR九州) - 超大型のIPO上場情報

10/25(火)に上場が決定したIPOの中でも超大型案件、「九州旅客鉄道」(JR九州)の情報を詳しく紹介、また、過去のデータなどと比較して分析していきます。

新着情報

2017/12/22
ネット証券比較を更新しました。SBI証券などの手数料が値下げになりました。
2017/09/15
ライブスター証券」、「岡三オンライン証券」で現金2,000円 ~ 4,000円が、もらえるお得なキャンペーン実施中です。

JR九州は、言わずと知れた九州で鉄道を運営している会社です。
鉄道事業だけに留まらず、不動産や駅ビル事業、船舶事業、ドラッグストア・居酒屋チェーンなどの経営や農業といった幅広い事業を経営しています。

今回、方針通りに上場が実現すれば、東日本旅客鉄道(JR東日本)、西日本旅客鉄道(JR西日本)、東海旅客鉄道(JR東海)に続いてJRグループでは4社目となります。

今回売り出される株数は、1億6,000万株、このうち1億2,000万株は国内、4,000万株は海外に振り分けられます。想定されている売り出し価格からの売却総額(調達資金総額)は、3,920億円になると報道されています。

当選口数は、120万口となり、非常に当選しやすいと言えるでしょう。

今年7月に上場をはたした、「LINE」が売り出した株数は、約4,000万株、調達資金総額は、1,300億円前後(仮条件決定前の段階)でした。数字を比較するといかに、JR九州のIPOが大型案件かが伺えます。

過去に大型と言われ知名度が高かった、SNSでの国内シェアNo.1の「LINE」、去年話題となってまだ記憶に新しい郵政グループ3社のIPOデータとの比較です。
※証券コードのリンクは、Yahoo!ファイナンスです。

企業名 [証券コード] 当選口数 抽選資金 初値売の利益
JR九州 [9142] 120万口 26万円 ※1 60,000円 ※2
日本郵政 [6178] 495万口 14万円 23,100円
かんぽ生命保険 [7181] 66万口 22万円 72,900円
ゆうちょ銀行 [7182] 約412万口 14.5万円 23,000円
LINE [3938] 35万口 33万円 160,000円

※1 仮条件での計算

※2 大手の初値予想から計算

※詳細に関しては、庶民のIPOで確認できます。

BB期間 仮条件(想定) 初値(想定)
初値売の利益(想定)
10/7(金)10/14(金) 2,400円2,600円 2,800円3,200円
60,000円(3,200円 - 2,600円)× 100株

九州旅客鉄道(JR九州)の主幹事です。主幹事は、IPO当選口数の割り当てが多いので当選確率も高いです。
IPOに力を入れていて、手数料も安いSMBC日興証券がおすすめです。

引受幹事(委託含む)では、IPOの抽選方式、抽選分配率などが高い証券会社がおすすめです。

証券会社 抽選方式 抽選分配率
マネックス証券 完全公平抽選 100%
SBI証券 口数比例方式 70%
カブドットコム証券 完全公平抽選 100%
松井証券 完全公平抽選 70%
※ 完全公平抽選:1口の応募でも100口の応募でも当選確率が同じ
※ 口数比例方式:応募口数が多ければ多いほど当選確率が上昇

上場するにあたり、手厚い株主還元が発表されました。
これは、より多くの個人投資家を呼び込み、株式を長期保有してほしいとの考えが見受けられます。

JR九州の2017年3月期の予想配当利回りは、1.53%と発表されています。
1株あたり、37円50銭。100株で、3,750円になります。

が、下記の目論見書によると、今期は上場から基準日まで6ヶ月未満のため、来期の半分にすると書かれています。
したがって、来期の配当利回りは、3%程度になると考えられます。

3月末の株主に対して、2種類の株主優待を発行するとの発表がありました。

1.鉄道株主優待券
  • 利用方法及び割引率
    • 優待券1枚を、運賃及び料金のいずれか又は双方の割引に利用可能 (他の割引との重複割引はなし)
    • 優待券1枚で一人5割引(2枚以上同時使用は不可)
  • 発行基準
    • 100株 ~ 1,000株未満・・・ 100株ごとに1枚
    • 1,000株 ~ 10,000株未満・・・ 10枚+1,000株超過分200株ごとに1枚
    • 10,000株 ~ 20,000株未満・・・ 55枚+10,000株超過分300株ごとに1枚
    • 20,000株以上・・・ 100枚
  • 割引の対象
    • 当社営業路線内の以下の乗車券類を割引の対象とします
    • 片道行程の範囲であれば、1枚で複数列車の料金を割引
      運賃:片道乗車券
      料金:特急券、グリーン券(個室を除く)、指定席券
2.JR九州グループ株主優待券
  • 発行基準
    • 100株以上所有の株主に対して、一律5枚
    • 優待券1枚で一人5割引(2枚以上同時使用は不可)
  • 割引の内容
    ・優待券1枚につき、以下のいずれかの割引を利用可能
    • 高速船ビートル
      ・・・ 特別割引運賃 福岡-釜山往復10,000円
    • うちのたまごEGG&SWEETS
      ・・・ お会計100円引
    • 八百屋の九ちゃん
      ・・・ お会計100円引
    • ステーションホテル小倉
      ・・・ ご宿泊基本料金5割引
    • ホテルオークラJRハウステンボス
      ・・・ ご宿泊基本料金5割引
    • JR九州ホテル(新宿、福岡、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、屋久島)
      ・・・ ご宿泊基本料金3割引(休前日は2割引)
    • 豊後・大山ひびきの郷
      ・・・ ご宿泊基本料金5割引(休前日は2割引)

同じような株主優待を行っているJR西日本の鉄道優待券は、金券ショップやネットオークションで1枚5,000円程度で取引されています。 優待利回りも同業他社より高くなりそうです。

非常に話題性があり、注目度も高くブランド力も併せ持つJR九州のIPO銘柄だと思います。
IPOとしては、規模が大きいため安定した値動きが予想されており、比較的に安心して投資が行えそうです。
また、株主還元が充実している点も非常に大きいと思われます。配当金、株主優待も魅力的で、個人投資家からの買いも期待されています。

さらに、業績の復調への期待も持てそうです。
2016年に起きた熊本大震災からの復興、観光列車、つばめ新幹線などによる鉄道事業の業績回復、株主優待制度を利用した観光客増加も期待できるかもしれません。

ブックビルディング開始が直前までに迫っています。
ぜひ、IPOに参加してみてはいかがでしょうか?

▲上へ戻る